壮大なファンタジーを体感できるマゾゲー

どうもごきげんうるわしゅう。

今回はウィッチャー2を実況していきました。
エルフやドワーフなどの異種族、世界にはドラゴンなどのモンスターもあふれている。剣と魔法を手に世界を生き残る主人公ゲラルドは、変異体<ウィッチャー>と呼ばれる特殊な人間。

怪物退治でお金を稼いでいたゲラルドはフォルテスト王のすぐ隣で護衛を務めていたが・・・

ダークソウル2のような操作で楽しめます。映像はとてもきれい。難易度は中(下から2番目)でスタートしてますので、一度に敵に囲まれるといきなり死にますし、死んでます(笑)

前半の時点ではとりあえず会話が多い印象ですね。全然邪魔ってことはなく、すんなりと読みふけることができます。

本当に物語の中にいるようなかんじです。

ウィッチャー2の再生リスト

アイテムの種類もけっこうありそうなのですが、基本はつくることになりそう。オンラインゲーム的なレベルアップスピードで、10話くらい収録した時点でレベル8前後という感じです。武器なんかも特に新しくしないままでとにかく敵の攻撃をかわし、1vs1の形に持ち込むべく四苦八苦しながら戦っています。

商人がいろいろなところに散らばっているので、実況しながらウロウロするのは見ている人に申し訳ないので、どこかの時点でちょいちょい装備を整えなければ。と、考えているところです。

ダークソウル好きとしては、攻撃食らうとすぐゲームオーバーっていういまの軽装備状態は嫌いじゃないんですけどね(笑)

追記2016.04.06

現在、第1章のクライマックスのあたりになってますが、おもしろいです。

難易度 中は中々ちょうど良いようで、ボス戦はコツがわかるまで即終了だし、気を抜いてザコの真ん中に飛び込むとすぐにゲームオーバーです。

クイックセーブをガツガツしながら、毎日更新ができるようになるはや攻略を考えています。

錬金術とクラフティングの部分でようやくわかった部分ですが、

錬金術:フルガーなど直接入手してないアイテムが必要ですが、実際は草やキノコ、根っこなどの中に含まれているようで、アイテムを丹念に拾っていけば大丈夫。

クラフティング:装備などは特に、ドロップや宝箱などでは入手できず、街の人から設計図を買ったりクエストクリア報酬でもらうのがレア級のアイテムになる。

ちなみに、強化系のアイテムは設計図で作ったりした後に、オイルみたいに「使用」からボタンで装備を選択して強化するが、それぞれにスロットが設定してあって、そのスロット以上は強化できず。1度付けたスロットアイテムは外せないっぽい。

これは、変異能力も同じでレベルアップした際に覚えた能力によってはスロット付きがあり、そのスロットに変異能力アイテムをセット。その後は外せなさそうなので、慎重に使いたい。